トップページ > 高専合格インタビュー

サンエーつかざんシティ校
新垣 恭矢君
(FLL Team RK Brothers チームリーダー)

沖縄高専 機械システム工学科
推薦合格


FLLへ4年連続出場し全てで九州大会、予選大会を突破。日本大会本選の出場を果たす。
2020年度の大会ではロボットゲームにおいて日本3位の成績。活動中はチームリーダーとして後輩指導、チーム全体のスキルアップ、プレゼン制作など多くの面でチームをサポート。

(1)沖縄高専、合格おめでとうございます!今の気持ちを聞かせてください。
ロボットにつて専門的に学べることや寮生活もとても楽しみです。
crefus に入ったころは自分が高専に行くなんて思ってもいませんでした。

(2)FLL に挑戦しようと思ったきっかけは何ですか?
自分のプログラミングのスキルを高めたかったから挑戦しました。
年々できることが増えてきて気づいたら今年で 4 回目の挑戦です。



(3)FLL に参加してご自身が一番成長したと感じる点はどのようなところですか?
成長できた点は、プレゼンによって鍛えられたコミュニケーション力とプログラミングのトライアンドエラーによって培われた忍耐力です。特にプレゼンの質疑応答では予想もしていない質問が多く来るので臨機応変に対応する力もつきました。

(4)どのような点や頑張りが今回の合格につながったと思いますか?
FLL でのロボットゲームでプログラミングが好きになれた事とプレゼンでの人前でも自分の考えを言うという力が面接の際に生かされて合格できたと思います。

(5)面接での質疑応答についてどのようなことを話したのか教えてください。
面接の質疑応答では、志望動機や高専に入ってしたいこと、高専の求める生徒、寮生活で心がけたいことなどについて聞かれました。FLL に関しては一番印象に残っていること、チーム活動で心がけていることなどについて聞かれ、技術面では、ロボットの設計・製作時に意識していることについて聞かれました。

(6)これからの目標や抱負を教えてください。
さらに自分の好きなプログラミングやものづくりを追求出来るよう頑張ります!
また教室では Python も習っているので、他にもプログラミング言語を習得したいです!



保護者様より

クレファスに通い、好きな分野ができ、大好きな先生とメンバーとの出会いは、とても大きな影響を与えてくれました。
発表会や、FLLのプレゼンを通して、自分の考えや思いをいろいろな人に伝える事ができるようになったと感じています。
また、プログラミングでは、トライ&エラーを繰り返しながらも試行錯誤して挑戦する事で、粘り強さがついたように思います。

そして成功した時には、大きな 達成感を体験でき、さらなる探究心に繋がりました。
好きな事を通して、楽しく成長させてくれたクレファスに出会えて、本当に感謝しています。
このページの先頭へ
教室一覧