トップページ > ロボット検定

ロボット検定

ロボット検定 for WeDo2.0 概要

ロボット検定 for WeDo 2.0 は小学校低学年以上を対象にした試験です。
レゴ® WeDo2.0 を使ってプログラミングやロボットを始めた子どもたちの学習成果を認定します。 試験内容はレゴ® WeDo2.0 を使用したプログラミングとロボットに関する内容が出題されます。
問題は筆記試験と実技試験とで構成され、「メカの仕組み」や「プログラミングに関する知識」を確認する筆記問題と「モデルの製作」や「プログラミングの作成」といった実技が出題されます。
これは「ロボ検」は知識だけでなく、実践力や応用力の育成を目指すことを理念としていることによります。
級は3級から1級までの3つのグレードに分かれていますので、学習の到達度に合わせて計画的に挑戦することができます。この検定がプログラミングやロボットに興味を持って学んでいる子供たちの到達目標になり、さらに学習意欲を高める材料となることを目指しています。日ごろの「できた!」を「合格」に変えて「自信」と「達成感」をつかんでください。

次回受験日

今年度の受付は終了しました。

合格者へ

100点満点の70点以上で合格となります。
合格者へは合格証明書と認定バッジを進呈いたします。

合格者の声

・ 難しそうだったけど、やってみたら簡単にできた!
・ 授業で先生が話していたことを覚えていたから大丈夫だった。
・ プログラミングのところが難しかったけど、頑張って考えたらわかった。
・ 作るのがいつも少し難しかったけど、ちゃんとパーツを集めてるとできた。
・ 賞状をもらえてとってもうれしい!
・ もっともっと頑張って、たくさん賞状とバッジをもらいたい。
・ もっと勉強を頑張って100点満点をとれるようにする!
・ プログラミングが使われているのがどれなのか選ぶのが難しかった。
・ 初めてのテストだったから賞状をもらえて嬉しい。

このページの先頭へ