トップページ > ブログ

ブログ

突然、子供に習い事を辞めたいと言われたら、あなたはどうしますか?


それは突然やってくる・・・

「イヤだ、もう行きたくない」、ドキッとする言葉ですね。
お子様が今通っている習い事に「行きたくない」「辞めたい」「つまらない」と言ってきたらあなたはどうしますか?
Kicks×crefusに通っているお子様は他にも様々な習い事に通っています。未就学4歳〜小学校4年生を持つ保護者の皆様へアンケートにご協力いただき、辞めたいと言われたときにどうしたかをお答えいただきました。

質問は4つ
①.  これまでに取り組んだ習い事は?
②.  その習い事でどのような効果が見られましたか?
③.  ②の効果が出るまでどれくらいの期間がかかりましたか?
④.  これまでに習い事を辞めたいと言われたことはありますか?
もし言われたことがある場合、どのように対応しましたか?

人気の習い事とその効果は?


アンケートには様々な習い事についてお答えいただきました。
そろばん、ピアノ、学習塾、スイミング、空手、柔道、英会話、速読・・・中でも一番多かったのは「そろばん」でした。そろばんの効果として下記のような意見を頂きました。

・集中力が増した
・暗算ができるようになったり計算が早くなった
・嫌いだった算数が好きになった
・記憶力が良くなった
・検定で合格することで自信がつき、やる気に繋がっている。

非常にメリットが多いようです。しかし、すぐに効果が出るという訳ではなく、計算が早くなったと思えるのは半年以上通ってからという方が多いようです。

次に多かったのは「スイミング」でした。
スイミングの効果として
・体が丈夫になり風邪をひかなくなった。
・最初は水が怖かったが、少しずつ慣れて泳げるようになった。
・水の恐怖を乗り越えて、精神的に強くなった。
・体の使い方がわかるようになり、運動が得意になった。

さすが常に人気の習い事ですね。
こちらも多岐に渡り良い影響を及ぼすようです。水が怖くなくなったり、体が強くなったという効果は比較的早い段階で感じる保護者様が多いようです。特に、スイミングだけでなく他の運動も得意になるという効果はかなり魅力的ではないでしょうか?

もう一つご紹介します。
こちらも大人気「英会話」

効果としては
・簡単な英語の歌が歌えるようになった。
・身の回りのアルファベットや英語の文字に興味を持つようになった。
・スーパーで食材の名前を英語で言えるようになった。

英語に興味を持つ、という点ではとても良い影響を与えることができるようです。しかしネイティブ並みの会話力をつけるためには、週一回では少ないというご意見や、常に英語に触れさせるように、自宅での環境も保護者が整えなければならないといったご意見もありました。

では、これらの習い事、保護者の皆様が良かれと思って通わせているものをお子様が「辞めたい・・・」と言ったときにどうすればいいのでしょうか?

どう対応する?その「辞めたい・・」は本気なの?


さて、いよいよこの問題です。
Kicks×crefusに通わせている保護者の皆様はどう対応しているのでしょうか?
まず「辞めたい」と言われたことがあるか?について、ほぼ全員がKicks以外の他の習い事について辞めたいと言われたことがあるそうです。ある保護者の方は、「前提としてその辞めたいが本気なのか一過性のものなのか、まずは見極める必要がある」とのご意見でした。確かに、辞めたいという時は、いつもお子様を見ている保護者なら本気か一過性のものなのか分かるはずです。

他に・・・
・本気で辞めたいというのであれば、なぜ辞めたいのか確認をした上で、その意見は尊重すべき
・将来役に立つことを伝えて、やる気を再び起こさせる。
・原因を探ってみる。
・一度休ませて、行きたいというのを待つ。
・とりあえず行かせてみる。

様々な対応方法があるようですが、私が思うにお子様が本気で「辞めたい」という時、その「辞めたい」の前、どこかに予兆があるはずです。普段からお子様の様子を観察し、「辞めたい」と言われる前に察知し声をかけてあげること、当たり前かもしれませんが以外と難しいことです。お子様にとってその習い事で得たものが一生の宝物になること信じて長く通うことができるよう、上手く手助けできたらいいですね。

この記事を書いた先生

編集長 鈴木
編集長 鈴木

最高の教室で最高の笑顔に会える日が待ち遠しいです。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。


2018年1月4日 7:40 PM 編集長 鈴木

カテゴリー

このページの先頭へ