トップページ > ブログ

ブログ

船が通った後にみんなに知らせてあげるプログラムをつくったよ!


今日のアドバンスの授業ではポンポン船を作りました。
ポンポン船とは、蒸気の力で進む船のことを言います。
上にあるブロックを上下させる「カム」を使ってポンポン船の煙突を上下させる仕組みをしっかりと作ることができました。
また、動きに反応する「モーションセンサー」を跳ね橋につけ、ポンポン船が通ると橋が上がるプログラミングを作ることができました。
「もっと早くモーションセンサーが反応するようにしたい!」と、跳ね橋より遠い所にモーションセンサーを付け、船が止まらなくても通り抜けることができるように改良しました!
他にも「船が通って橋が元に戻ったときに、音で知らせたい」ということで、プログラムを改良する子もいました。
改良やプログラミングの腕が上達していっているのを感じます。

image1 (13)

この記事を書いた先生

大分校 濱野
大分校 濱野

最高の教室で最高の笑顔に会える日が待ち遠しいです。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。


2016年6月16日 8:34 PM 大分校 濱野

カテゴリー

このページの先頭へ
教室一覧