トップページ > ブログ

ブログ

大分校サマースクール♪


こんにちは。高校野球が開幕をして、テンションがいつもより上がっている濱野です。
大分校では8/8(木)、9(金)の2日間でサマースクールを実施しました。今年のサマースクールのテーマは「塩水で動く燃料電池カー」です。燃料電池とは二酸化炭素などを一切出さない、とても自然に優しい未来の車です。実際に組立てを始める前に車のエンジンの仕組みやギアの仕組み、燃料電池の仕組み、環境問題、地球温暖化についてお勉強をしました。地球温暖化という言葉はざっくりと聞いたことがあったそうですが、どのような仕組みで地球の温暖化が進んでいるのかは知らない生徒様が多かったです。二酸化炭素は熱を吸収する性質をもっています。地球上に二酸化炭素が多くなると太陽から受ける熱が逃げにくくなってしまいます。そのためには二酸化炭素を減らさないといけません。授業の中で未来の車を作製することに皆さんとても興味津々でした。燃料電池の仕組みがわかったところでいよいよ組立てです。ニッパーを使い部品を切り取っていきますが。なかなか難しい作業ですが、みなさんすぐに要領を覚えてどんどん組立てを行っていきました。細かい所も多く組立て所を見ながらあきらめずに作業をしておりました。2日間をかけてようやく燃料電池カーが完成♪

ここからは電気を起こすのに必要な食塩水を作っていきます。食塩水の割合は塩が1に対して水が5です。秤を使って正確に測ってもらいました。この食塩水をマグネシウムシートに3滴ほどたらすと電気が発生をして燃料電池カーが動きだします。動いたときは歓声が上がりました。でこぼこ道や坂道もぐんぐん登ります。他にもマイナス極とプラス極を入れ替えて電流の向きを変えてバックをさせている生徒様もおりました。最後は2日間の授業のまとめと感想を言ってもらい授業は終了となりました。家にもち帰りができるので授業で習ったことの復習を是非やってみて下さい。甲子園に負けないくらい熱い授業になりました。

この記事を書いた先生

大分校 濱野
大分校 濱野

最高の教室で最高の笑顔に会える日が待ち遠しいです。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。


2019年8月9日 5:42 PM 大分校 濱野

カテゴリー

このページの先頭へ
教室一覧