トップページ > ブログ

ブログ

10月、ロボット検定開催されます♪


こんにちは。試験が始まる前の水を打ったような静けさが意外と好きな鹿児島校の瀬戸山です。今回は10月に開催されるロボット検定についてご案内します。

ロボット検定とは、一般社団法人 ロボット技術検定機構が実施している資格試験です。kicksで用いるWedo2.0向けのものと、crefusで用いるEV3向けの2種類があります。試験の意義など詳細は、ロボット技術検定機構のHPなどをご参照ください。

さて、わたくし瀬戸山は、これの受験を全力でお勧めします。完全に私個人の考えですが、理由は3つあります。

【1】習い事をカタチにするチャンス!
プログラミング教室は、授業の中で順位がつくなどといったことがなく、自分にどれくらいの力が付いたのか分かりにくい面があります。このロボ検に合格することで、認定証とバッジという確かな「証拠」が残りますので、きっと生徒様の自信につながることと思います。

【2】試験は1回でも多くやって度胸をつけてほしい!
生徒様の人生で、今後何度となく試験というものを受ける機会があると思います。慣れ親しんだ学校での「テスト」とは違って、会場で受ける試験はそれはそれは緊張するもの。実力はもちろん大切ですが、試験において「場数を踏む」ということは非常に重要であると思います。生徒様たちにはぜひ、「デジタルネイティブ」ならぬ「試験ネイティブ」になってほしいと思います。

【3】資格試験は努力が報われやすい!
この世で一番オソロシイ試験は「入学試験」や「採用試験」です。たとえ自分が満点を取っても、受験者全員が満点だったら?字の汚い順に落とされるかもしれません。受験者全員が達筆だったら?…とキリがありません。入試は枠が決まっており、自分ではなく他人と競う試験だからです。その点、資格試験においては競争相手は自分のみ。受験者全員が満点でも何ら問題なし!みんなで合格して、みんなで達成感を味わえばいいだけの話です。

今日受ける試験は「本番」であると同時に、未来の試験の「練習」でもあります。この機会、ぜひ有効活用してください♪

 

この記事を書いた先生

鹿児島校 瀬戸山
鹿児島校 瀬戸山

Kicks鹿児島校では総合的な学習を行います。

さんすう・りかの知識はもちろん、社会の授業もあります。ですから小学生には最適な教室です。プログラミング必修化の時代もすぐそこです。一緒に楽しく学びましょう。


2019年8月24日 5:50 PM 鹿児島校 瀬戸山

カテゴリー

このページの先頭へ
教室一覧