トップページ > ブログ

ブログ

【塾選びでお悩みの方へ】塾講師が教える塾の選び方


塾講師が教える塾の選び方

わが子をそろそろ塾に通わせて学習習慣や基礎学力を身につけさせたい、受験対策のために塾でレベルの高い問題に粘り強く取り組んでもらいたい。塾のお友だちと楽しく勉強することで学習意欲を高めてほしい、お母さんにとってお子さんのお勉強はとても気になることですよね。

いざ、塾を決めようとしてもなかなかすぐに決まるものではありません。講師1人に対して数名の生徒に対応する個別指導塾、数十人を一斉に指導する集団形式の塾、受験対策に特化した進学塾、補習塾、個人塾・・・塾の形態だけでも多岐に及びます。授業内容、授業時間、熱血指導、親身な指導、アットホームな雰囲気・・・それぞれの塾で様々な特色があります。お母さんたちはますます悩みますよね。

どのようにしてお子さんにぴったりの塾を選べばよいのでしょうか。

気になる塾は必ず体験授業を受ける


塾を決めるポイントとしては「料金」「カリキュラムの充実」「お友だちがいる」「近い」などがあげられると思います。しかし、それらは重要なポイントではありますが、必ずしもお子さんにぴったりの塾であるという事にはなりません。

まず考えて頂きたいことは、何のために塾に通うのかということです。目的や目標があると塾をある程度絞ることが出来ます。お友だちと一緒に塾通いも楽しいかもしれませんが、中学受験を目標にする、検定試験を目標にする、小学校内容を徹底するなどで通うべき塾は異なります。

また、お子さんの性格、指導方法によっても分かれます。自分のペースでわからないところを徹底的にやりたいのであれば個別指導、切磋琢磨して刺激を受けながら成績を上げたいのであれば一斉指導という感じです。

何より重要なことはその塾にお子さんとお母さんにとって相性の良い先生がいることです。的確なアドバイスをおくることができ、相談や質問をしやすい環境を作っている塾であることが大切です。お子さんの学習をしっかりと見つめて、現状を把握し、具体的な改善策を出すことのできる先生。お子さんにとってはとても頼りになる先生です。普段は面白くお子さんの興味を引き出す授業を展開している先生。情報量が多い先生。
「あの先生にまた会いたいな」とお子さんが思うような先生との出会いはお子さんの将来をきっと明るく照らすでしょう。

しかしながらそのような先生は実際に授業を受けてお話してみないとなかなかわかりません。気になる塾があれば必ず体験授業を受けて先生の印象を大切にしてください。

そして体験授業の際に教室の雰囲気をご覧ください。塾生と先生とのかかわり方、保護者とのかかわり方、教室で授業を受けているお子さんたちの様子。体験授業をしてくれる先生以外もご覧いただくと、その塾の様子が分かるかもしれません。

保護者の方針と同じ塾

塾選びの際に大切なことは塾の先生と保護者がきちんとお話しできるかどうかです。現代社会が多様化しているように保護者の考え方も実に様々です。その保護者が塾に求めるものをきちんと理解してともに夢や目標に向かって進んでくれる塾が必要です。お子さんの成績を上げるためにどの塾も絶え間ない努力をしていることは間違いありません。お子さんの成績を上げるには保護者の協力は必ず必要です。保護者と塾とお子さんが三位一体となってはじめて夢はかないます。保護者の考えをしっかりと受け止めてくれる塾は

お母さんも安心ですよね。

【今後の学習塾の必要性】


2020年に学習指導要領が大きく変わり教育改革が進みます。そこで学習塾の必要性はますます大きくなるでしょう。様々な要望に応えるために学習塾の形態も変化するかもしれません。今や2つや3つの学習塾を掛け持ちしている、学習塾と家庭教師を併用しているという話も耳にします。そこまでお子さんが頑張ることが出来る大きな要因は、好きな先生がいることです。この先生についていけば大丈夫と保護者が安心していることです。
是非、そのような素敵な先生に出会うためにも体験授業を受けてお子さんにぴったりの塾をお選びください。

この記事を書いた先生

編集長 鈴木
編集長 鈴木

最高の教室で最高の笑顔に会える日が待ち遠しいです。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。


2018年1月23日 10:11 PM 編集長 鈴木

カテゴリー

このページの先頭へ
教室一覧